×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゴルフクラブと丸の内トップ > 間違ったゴルフスイング

間違ったゴルフスイング

間違ったゴルフスイングを疑問をもたずやってしまうことはなるべくよしましょう。

厳密なことを言えば、背の高さが違うとゴルフ用品は変えた方が望ましいでしょう。

年齢のせいで徐々に体が硬くなりますから少し重いシャフトのゴルフクラブに変更すると、これまでよりもスムーズなスイングができる可能性が高まります。

自分が考えるほど飛距離はそれほど出ないかも知れませんが、それは年齢の問題だと考え方を変えて、成績は気にせず楽し向ことが正しいことだと思います。

ゴルフスイングの習い立ては、皆思ったほど飛距離は期待できません。

その理由をゴルフクラブに押し付けたり、選び方に注意が足りなかったのだと後悔してはいけません。ゴルフ初級者が苦も無くマスターできる所以ではないからです。クラブの見極め方は頑張っていればわかるようになるでしょう。

とりあえず、ドライバーのヘッドの重量や形によって、ヒットした球がどんな飛び方や転がり方をするのかの理由をわかっておく必要があります。

全体的なサイズや形も大きな意味があるでしょう。後は肉体的なパワーというところでしょう。

新しいゴルフクラブに取り換えると従来の成績が驚くほど一気にスコアが伸びたなどという話を耳にします。

ゴルフクラブには初心者用と上級者用のタイプがあるのはミスありません。自分の技術がどのくらいなのかをわきまえた上で、選び方の方向性を定めましょう。実際に打ってみるとわかりますが、ロフト角が1度違うと弾道がほとんど別なものになります。初心者の傾向として弾道を高くしようと思ってしまうゴルファーがそこかしこで見られます。

その点を考えると、初心者用としては10度前後のロフト角を選択することでゴルフスイングが楽になるでしょう。シャフトという部品には寿命が来るのは避けられません。

ゴルフを詳しく知っている人は、金属疲労したゴルフクラブに異常をみつけるようです。ボールに当たった際の感覚がおかしい、スイングすると、毎回ちょっと違うと感じるようだとどこかに劣化が始まっていると疑ってしかるべきです。

第一に、ゴルフクラブの選び方はゴルフと他の種目とは違う点を理解することがスタートになります。

クラブにはいくつものモデルが出回っています。

コースに出る場合、バッグの中からゴルフクラブを1本だけ決めてボールを打つことを考えます。ハイグレードのゴルフクラブは最初は必要ありません。

ゴルフクラブの製造会社も結構あります。国内メーカー、海外メーカーなど名前くらいは知っているかも知れませんね。ところで、ビギナーに適しているゴルフクラブの平均的なお値段をお話しすべ聞か考え中です。

ビギナーならば、ゴルフクラブは使い古しでも十分に役に立つという考え方に結構の人々が納得するでしょう。もちろんそれは間違ってはいないでしょうが、中古のゴルフクラブにはシャフトが劣化しているという見過ごせない問題がふくまれていることを認識しておく必要があるのです。

女性には色柄や外観も大事でしょうが、一般的に人気の高いものならおそらく問題ないでしょう。女性むけの商品は以前は種類が少なかったのですが、人気の女性プロの成績が注目を集めるようになりましたから、日本のクラブメーカーも女性用の選択肢を広げるようになりました。

沿うしたことから女性の間でもゴルフを楽しむ傾向が出てきたようです。今のうちに飛距離をテーマにして上っ面だけ触れておきましょう。飛距離は難しいテーマで、自分の体調が大きく関係して大きく違った数字になります。しかし、確実なことはクラブのちがいによって飛距離が違ってくることだけはミスありません。シャフトの劣化は材質に関わらず発生します。

スチールもカーボンも回避不可能です。球筋が急に定まらない状況になったら、新しいゴルフクラブにすることを考え始めましょう。

傷んだままのゴルフクラブを使用していると、スイングしている間にシャフトが折れてトラブル発生の危険性が高まります。